バイク

今後の見通し

ネット相場が大きく影響

元々は専門の中古車業者やディーラーなどが中古車査定・買取を行うのが普通でしたが、最近では個人間での中古車売買も頻繁に行われるようになってきています。その最たる理由はインターネットの普及によるものですが、今や実世界にある市場だけでなくインターネット上の市場も中古車査定においては非常に重要な要素となってきています。中古車がいくらで売れるのかは、中古車査定によって決まります。中古車査定では実際の車の状態(キレイか、不備・不調は無いかなど)ほか、相場による影響も大きく受けることになります。相場は市場全体の対象の車への評価と言うことになり、ほぼ全国共通で基準とされる金額の事です。しかし、インターネット市場の急速な繁栄により、その市場での相場に加えてインターネット以上での相場も最終的な価格決定には大きな影響を及ぼすようになっています。つまり、現状においてはそれぞれの相場状況を把握したうえで売却の時期や手段を検討するということが大切になってきています。

それぞれの差は少なくなる

現状においてそれぞれの市場小場には一定の開きがあります。そもそも、以前から利用されている市場は専門業者などのプロが価値を評価する状況であることに対し、インターネット市場では「素人」が価値を判断するという状況が多くなります。業者であれば自社の利益を創出する必要性がありますが、個人の場合には純粋に安く変えればそれでいいという感情が強くなるため、相場に開きが出るのは必然と言えます。しかし、より高く(安く)売却(購入)できる方法があればそちらの方が需要が高まるのは当然ですので、価格面で劣っている従来の市場の方がインターネット市場に相場を近づけていく状況が強まっています。つまり、今後はそれぞれの方法による差が少なくなり、付加価値の部分での競争が激しくなっていくことになりそうです。